福岡市南区の砂輝動物病院。
犬、猫、ウサギ、ハムスターの一般診療〜腫瘍科診療

腫瘍科診療について

小動物のがんについて

 近年、様々な予防が普及し犬も猫も以前から比べると長生きになりました。
しかし、高齢化が進むにつれ人と同様に腫瘍疾患の増加も認められています。現在、犬における死亡原因の約25%は悪性腫瘍であり、10歳以上では約50%(日本獣医がん学会)という報告もあります。

 がんという病気は、今でも暗く悲しい言葉を連想させる単語ですが、全ての悪性腫瘍に対して最初からあきらめる必要はありません。腫瘍の種類にもよりますが、早期に適切な治療を行うことで完治するがんもあります。
 そのためには、早期発見・早期治療が大切であり、がんの進行度が早期であるほど、完治の確率は高くなります。

 しかし「がん」は必ずしも根治可能なものばかりではありません。進行してしまったがんに対して、できるだけ腫瘍の進行を防ぐ治療法や、今、動物たちが苦しんでいる症状に焦点を置く緩和的治療、「痛み」をとってあげるペインコントロールなど、たくさんの治療法があります。これらの治療は「できるだけ普段の生活を快適に、楽にしてあげる」という考え方に基づき行います。

 「がん」の進行度と動物の全身状態を考慮しながら治療を行うことが大切です。

 我々は、日々獣医医療の研鑽に務めるとともに、家族の一員である動物たちにとって、何を優先し、どうやってその子らしく、楽しく、1日でも永く共に過ごせるのかを、皆さまと一緒に考え、少しでも幸せに暮らしていける手助けができればと思っております。